『ハクメイとミコチ』足下の歩き方!キャラ解説や地図にワクワク

おすすめ癒しアニメコミック漫画ハクメイとミコチ

コツコツと集めている漫画、ハクメイとミコチ。

 

ハルタコミックスさんのおかげで小さな世界観に癒される毎日ですが、いつも最新刊が発売されるまでの期間は続きが読みたくてしかたない!

 

そんな時はガイドブックとも言える『足下の歩き方』を読み返すのが個人的に大好き。

 

これは個人的にも買ってよかった一冊。

 

各キャラクターの年齢や性別はもちろん、出身地やファッションなんかのちょっとした説明なんかが細かく設定として書かれていて面白いのです。

 

地図も付いてるので、ますます妄想が広がるばかり。

スポンサーリンク

ワールドガイド『足下の歩き方』

ハクメイとミコチ足下の歩き方感想レビュー

タイトル『ハクメイとミコチ ワールドガイド足下の歩き方』の通り、ハクメイとミコチが生活する世界のことがまるっと分かるガイドブック。

 

この独特の世界観ってちゃんと設定はしっかりしているんだけど、多くをいちいち説明してもらえてるわけじゃないので、ある意味で自分なりの想像で補いながら読んでるんだけど、その空想の先に広がる無限の空間が個人的には大好き。

 

でもやっぱり、登場人物たちのことや住んでいる場所のことをもっと知りたい!と思う気持ちもあるわけで、そんな読者の欲求を満たしてくれるのがこのガイドブックなんですよね。

 

私はそんなに漫画を普段から読むタイプではないんだけれど、それでもこのハクメイとミコチの世界観はドンピシャすぎて辛い。

 

現実を忘れて、異世界に飛んでいきたいと思ったことが何度あったか(笑)

 

話しがそれたけれども、ハクメイとミコチの最新話をいつも待ち焦がれている人はこの足下の歩き方は買って損なし!だと思う。

ハクメイとミコチのキャラクターたち

やっぱり何と言っても気になるのが登場人物たちの設定。

 

出身地とかたまーにセリフで書かれてたりするけどちゃんと公式設定として一覧で見られると、もっとわかりやすくていいね。

 

足下の歩き方では各人物の年齢・性別・種族・出身地・好物がわかるのだ。

 

例えばミコチ。

ハクメイとミコチの足下の歩き方

ミコチは24歳のお年頃の女の子なのね。

 

雨合羽姿も防寒着姿も可愛すぎでしょー。

 

ハクメイは一個下の23歳の女の子。

 

それで結構ビックリしたのが私の大好きなジャダさん!

ハクメイとミコチの足下の歩き方ジャダさん年齢

ハクメイとミコチより年上だろうなとは思ってたけど30歳、つまりアラサー女子だったとは。

 

クワガタのコハルちゃんが16歳ってのも笑った(* ´艸`)クスクス

 

こんな感じでみんなの年齢だとか色々書いてあって、新鮮な気持ちでまた漫画の方読み返せて面白いの。

細かい設定

ハクメイとミコチの足下の歩き方

他にもファッションとか髪型のアレンジなんかが書いてあって、こういうの大好物な私はもうテンションがあがりまくってしまう。

 

帽子とか装飾品もやっぱり凝ってて、いいんだよなぁ~。

 

街のこと&歴史や成り立ち

地図が付いてるのはいいね!

ハクメイとミコチの足下の歩き方地図マキナタ

マキナタの街があって、ハクメイとミコチのお家の場所が描いてあって、イワシのお家と翡翠の卵の場所の位置関係が分かったりね。

 

カノカンはあっちにあるんだー!とか、蜂蜜館と図書館はそこだったんか!とかね、ちゃんと地図として確認できるとより一層妄想の世界が広がっていく。

 

地図眺めたり、蜂蜜館の断面図見てみたり、催し物だとか屋台とかイベントものを読み込んでみたり、とにかくこの世界を散策している感じがたまらないのですよ。

 

それこそ本当に北海道だとか京都だとかハワイだとか、書店で売ってるガイドブックを読んでる時みたいな感覚になる不思議。

 

いいねいいねー。

 

ミニチュアサイズのレシピ

ハクメイとミコチの足下の歩き方クッキーレシピ

ハクメイとミコチと言えば作中で登場する美味しそうな食べ物の数々。

 

お酒と一緒にちょっと摘まみたい一品だとか、甘い匂いがこっちにまで漂ってきそうなお菓子だとか、ジブリ作品にも言えることだけど、食べ物が美味しそうな漫画やアニメは絶対面白い。

 

足下の歩き方はハクメイとミコチサイズのプチレシピシリーズがあって、しかもスタッフさんがちゃんと実際に作った様子が写真で分かるようになってて非常に良きかな。

 

たっぷり充実の内容なので、こうやって今日も私は新作がでるまでアニメを見たりガイドブックを読み返したりして過ごすのであった。

コメント