歌も曲も最高『グレイテストショーマン』あらすじ&キャストまとめ

日本はもちろん海外でも評価がいい映画グレイテストショーマン。

 

ヒュー・ジャックマンが好きだったりザック・エフロン目当てで見た人も多いはずだけど、曲中の歌詞に感動してDVDまで購入しちゃった話しはあるあるですね。

 

アルビノや多毛症、小人症などかつて障害と括られた人達が登場するのでそこから興味を持った人も多いかも。

 

これが上映された時に映画館で見た人は本当にラッキー。

 

ミュージカルの凄みを巨大スクリーンで体全身で味わえる至福の時ったらもう、ね。

 

私はAmazonでポチっとしたけれど、日本限定ブルーレイコレクターズエディション的なセットを買う勢い。

 

ララランドと製作人が一緒だけれど、どちらが好きかは完全に好みによるかな。

 

というわけで、The Greatest Showmanについてさらっとまとめ。

スポンサーリンク

あらすじ

ヒュー・ジャックマン映画グレイテストショーマンあらすじキャストphoto:thesun.co.uk

19世紀半ばのアメリカ。幼馴染の妻と子供たちを幸せにすることを願い、挑戦と失敗を繰り返してきたP.T.バーナムは、ついにオンリーワンの個性を持つ人々を集めたショーをヒットさせ、成功をつかむ。しかし、彼の型破りなショーには反対派もいた。若き相棒のフィリップをパートナーとして迎え、彼の協力によりイギリスのヴィクトリア女王に謁見するチャンスを得たバーナムは、そこで美貌のオペラ歌手ジェニー・リンドと出会う。彼女のアメリカ公演を成功させ、一流のプロモーターとして世間から認められようとするバーナムだったが……。

出典:日本限定コレクターズBOXブルーレイ

監督/脚本/キャスト

グレイテストショーマンキャスト映画あらすじ歌手

監督マイケル・グレイシー
脚本ジェニー・ビックス&ビル・コンドン

作曲ベンジ・パセック&ジャスティン・ポール

バーナム関係者

役名キャスト吹き替え声優
P・T・バーナム

P. T. Barnum

ヒュー・ジャックマン

Hugh Jackman

山路和弘
P・T・バーナムの幼少期エリス・ルビン

Ellis Rubin

フィリップ・カーライル

Phillip Carlyle

ザック・エフロン

Zac Efron

木村昴
チャリティ・バーナム

Charity Hallett-Barnum

ミシェル・ウィリアムズ

Michelle Williams

中村千絵
チャリティの幼少期スカイラー・ダン

Skylar Dunn

ジェニー・リンド

Jenny Lind

レベッカ・ファーガソン

Rebecca Ferguson

北西純子
★リンドの歌手パートローレン・アレッド

Loren Allred

キャロライン・バーナム

Caroline Barnum

オースティン・ジョンソン

Austyn Johnson

大久保瑠美
ヘレン・バーナム

Helen Barnum

キャメロン・シェリー

Cameron Seely

米本早希
フィロ・バーナム

Philo Barnum

ウィル・スウェンソン

Will Swenson

Mr.ウィンスロップ

Mr. Winthrop

ダミアン・ヤング

Damian Young

ウィンスロップ夫人

Mrs. Winthrop

ティナ・ベンコ

Tina Benko

Mr.オマリー

Mr. O’Malley

エリック・アンダーソン

Eric Anderson

菊池通武
ジェームズ・ゴードン・ベネット

James Gordon Bennett

ポール・スパークス

Paul Sparks

斉藤次郎
Mr.ハレット

Benjamin Hallett

フレドリック・レーン

Fredric Lehne

相沢まさき
ハンナ・ハレット夫人

Hannah Hallett

キャスリン・メイズル

Kathryn Meisle

有賀由樹子
ヴィクトリア女王

Queen Victoria

ゲイル・ランキン

Gayle Rankin

きそひろこ

グレイテストショーマンサーカス団員キャストphoto:instagram.com/byellenm/

サーカス団メンバー

役名キャスト吹き替え声優
アン・ウィーラー

Anne Wheeler

ゼンデイヤ

Zendaya

真壁かずみ
W・D・ウィーラー

W. D. Wheeler

ヤーヤ・アブドゥル

=マティーン2世

Yahya Abdul-Mateen II

山本祥太
レティ・ルッツ

Lettie Lutz

 キアラ・セトル

Keala Settle

日野由利加
チャールズ・ストラットン(親指トム将軍)

Charles Stratton

 

サム・ハンフリー

Sam Humphrey

 

中村章吾
★親指トム将軍

歌手パート

ジェイムズ・バブソン

James Babson

リーズ卿

The Lord of Leeds

ダニエル・エバーリッジ

Daniel Everidge

桜井敏治
フランク・レンティーニ

Frank Lentini

ジョナサン・レダヴィド

Jonathan Redavid

コンスタンティン王子

Prince Constantine

シャノン・ホルツァプフェル

Shannon Holtzapffel

井川秀栄
チャン&エン・ブンカー兄弟

Chang and Eng Bunker

ダニエル・ソン(エン)&小森悠冊(チャン)

Danial Son and Yusaku Komori

ウォルター

Walter

ルチアーノ・アクニャJr.

Luciano Acuna Jr.

古川裕隆
アルビノツインズ

the Albino Twins

ミッシー・パトロナリー&シェオアイフェ・コールマン

Mishay Petronelli&Caoife Coleman

象の肌の男

The Elephant-Skinned Man

ジェレミー・ハドソン

Jeremy Hudson

ブロックヘッド

Blockhead

テイラー・ジェームズ

Taylor James

デビルボーイ

Devil Boy

 

ヴィンセント=オリバー・ノワジュー

Vincent-Oliver Noiseux

 

ストロングマン

Strongman

ティモシー・ハージェス

Timothy Hughes

タトゥーレディ

Tattooed Lady

チェルシー・キャソ

Chelsea Caso

アルビノの男

Albino Man

キーサン・ブラジルフォード

Khasan Brasilford

オリエンタルマン

Oriental Man

アレックス・ウォン

Alex Wong

ゴールデンボーイ

Golden Boy

ジュリアス・ルビオ

Julius Rubio

ヴードゥーツインズ

Voodoo Twins

 

ディアンナ・ウォルターズ&ジェシカ・カストロ

DeAnna Walters and Jessica Castro

 

スネークダンサー

Snake Dancer

ナジラ・ジラム

Najla Gilam

エジプションレディ

the Egyptian Lady

クリスティーナ・ギラー

Christina Glur

オー・クランシー

Vasily “O’Clancy” Palvos

ラデュー・スピングヘル

Radu Spinghel

人間大砲

the Human Cannonball

ケネス・チャン

Kenneth Chan

ジェフ・ハリス

Jeff Harris

ニック・ジャンツ

Nick Jantz

ディン・ヤン

Deng Yan

ナターシャ・リュー・ボルディッツォ

Natasha Liu Bordizzo

 

感想&作曲や歌手など

ハッキリ言ってストーリーは普通。

 

ありがちな内容だしいい意味で分かりやすく、悪い意味では薄っぺらいともいえる。

 

ヒュー・ジャックマン演じる主人公のPTバーナムが完全無欠の聖人じゃないのはある意味良かったかな。

 

というか結局自分の事と金儲けと上流階級の仲間入りすることが中心にある男なので、団員たちの事を深く考えている感じはしないよね。うん。

 

主人公がこうやって時にエゴや欲望や弱さに負けたりするのがとても人間らしい。

 

映画をみるとたぶんザック・エフロンの株が爆上げになると思う(笑)カッコいい。

 

ヒュー・ジャックマンの優しそうな雰囲気に騙されそうになるけど、主人公はカリスマ性があってアイディアを生み出すパワーに満ち溢れてはいるけれども、たいして出来た人間ではないのよね。

 

フリークス(変人・滑稽なやつ)を見せ者にして自分が這い上がるための道具としてしか見てないところがあるのは否めない。

 

ザック・エフロンが演じたフィリップ・カーライルの方がかなりいい人って感じね。

 

可愛いゼンデイヤ演じる黒人のアンと上流階級の白人であるフィリップとの恋愛模様は胸キュンです。

グレイテストショーマンの黒人アンとザック・エフロンのフィリップ・カーライル

2人の胸キュンがあったからよかったけど、ほんとバーナムは好きじゃないなぁ(笑)

 

ここまで書くと評価的に酷評してるっぽく見えるかもしれないけれども、

 

でもそんなの関係ねぇ!

 

って全てをオーシャンパシフィックにぶっ飛ばせる勢いで曲がいいのだ!

 

This is meが一番の人気曲だと思うけど、本当に久々に鳥肌の立つ歌声を聞けたと思ってる。

 

全作詞作曲はパセク&ポールで知られるベンジ・パセック&ジャスティン・ポール(Benj Pasek and Justin Paul) の2人。

グレイテストショーマン全曲サントラvia:グレイテスト・ショーマン(サウンドトラック)

もうこの2人あってのこの作品!と言っても過言じゃないと思う。

 

何度も言うけどThis Is Meが素晴らしすぎてリピートして聞いちゃるレベル。

 

歌詞が心に刺さる刺さる!泣ける!

 

心や体に傷のある人なら絶対共感して泣ける曲だと思う。

 

キアラ・セトルが素晴らしくて、最初はすっごく不安気なのに仲間と歌っていくうちにだんだんと勇気が湧いてくる感じがもう感動もの。

グレイテストショーマン曲this is meキアラ・セトル

映画冒頭のバーナム少年が歌いだすa million dreams(ミリオンドリームズ)も個人的に好き。

 

歌詞を読めばわかるけど、とっても希望に満ち溢れた一曲。

 

子役の少年のピュアな歌声が素敵なの。

A Million Dreams Lyrics

美人のスウェーデンオペラ歌手、ジェニー・リンドのNever Enough(ネヴァー・イナフ)も素敵なんだけど、実はこの女優さんは実際には歌ってなくて歌ってる人はローレン・アレッドさんって歌手なんだよね。

Loren Allred – Never Enough (Live Performance)

この映画って内容よりもとにかくやっぱり曲がいいんだなぁー。

 

キャストのリハーサル風景の動画をYouTubeで見た人も多いと思うけど、ヒュー・ジャックマンはじめ皆とっても熱いパッションで歌ってるの。

 

ほんと元気がでるし、勇気づけられる映画だと思う。というか曲だと思う。

 

主人公のバーナムはもちろん、サーカス団員のマイノリティとされている障害や特徴を持った人達は実在の人物なんかもいて、黒人も白人も黄色人種であるアジア人もごっちゃ混ぜなのがいいね。

 

本当は彼らにもっとスポットライトを当ててほしかったというのが本音でもあるけどね。

 

彼らに対する差別だとか、苦悩だとかをもっと見たかったし、そこから芽生える家族としての絆なんかをストーリーの中心においてほしかったのは事実。

 

なので、私は曲を何度もリピートして聞きながら、彼らにあったであろうストーリーを勝手に脳内補正して再現するのがもっぱらの趣味としています(笑)

 

曲が本当にいいので、まだ未視聴の人はぜひ。おすすめです。

コメント